アロマテラピー関連団体のご案内

ナード・アロマテラピー協会(NARD JAPAN)

1998年設立。
ヨーロッパでのメディカル・アロマテラピーの情報発信の中心であるベルギーの研究機関NARD(Natural Aromatherapy Research and Development)の日本窓口として活動している団体です。
2004年には山梨県に総面積約4500坪の研究・研修センターをオープン。
各種ハーブの試験農場、蒸留抽出の実験、ガスクロマトグラフィー等による精油の成分分析等を行っています。
それらのデータを元に大学や研究機関と提携し研究発表を行っているほか、教育・研修システムとして各種認定資格を設け、アロマテラピー普及のための活動を行っています。

amicaではナード・アロマテラピー協会認定アロマテラピー・ベイシック講座を開講しています。
ナード・アロマテラピー協会認定アロマ・アドバイザー資格取得コースは、現在休講中です。

ナード・アロマテラピー協会のHP→こちら



公益社団法人 日本アロマ環境協会(AEAJ)

1996年に設立された日本アロマテラピー協会が母体となっています。
2005年環境省所管の法人許可を受け社団法人になり、2012年公益社団法人として新たに設立されました。
アロマテラピーの普及・啓発を目的とし、調査・研究活動を含む様々なアロマテラピー事業活動および各種資格認定を行うとともに、自然との共生を大切にしながら、自然の香りある心豊かで心地よい環境づくりを積極的に推進している団体です。

特に「アロマテラピー検定」はこれまでに約400,000名(2015年現在)が受検し、一般の方へのアロマテラピー普及に大きく貢献しています。

現在amicaではAEAJの資格制度に対応した講座は開講していません。
アロマテラピー検定受検要項の配布、検定用テキストや精油キットの販売、独学で受験する方へのアドバイスレッスン等は行っています。
ご興味のある方はメールにてご相談ください。

公益社団法人 日本アロマ環境協会のHP→こちら


contents 全体のもくじへ