アロマテラピー教室amica 書籍紹介
『かぐかぐ―からだこころげんき』


『かぐかぐ―からだこころげんき』

文 カムカムズ  絵 ささめやゆき  監修 日本味と匂学会会長 山本隆 
32ページ

PHP研究所(PHPにこにこえほん)
価格1300円+税
2004年5月発行

--------------------------------------------------------------

においをかぐことについての絵本です。
わたしのかなりのお気に入り。

嗅覚についての基本的な説明は、この本がみーんな描いてくれていると思います。

「かぐかぐやひめ」という妙なかぶりものをした眉のつながった(!)女の子と一緒に、鼻をくんくんさせながらにおいと嗅覚について知ることができます。

においを嗅いで料理をあてる、においがあるから味もおいしい、においを嗅いで危険を察知する、においを嗅いで思い出をよみがえらせる…
かぐかぐやひめとその家族、いろいろな動物たちがそれを教えてくれます。

においをかぐことは生きること。
呼吸をする口と、においをかぐ鼻がすぐ近くにあるのはそれが生きるために必要だから。

この本ではじめて知った知識もあります。
ヘビは舌をピロピロ出すことでにおいを嗅ぎ分けているし、くじらは口で、水に溶けているにおいを感じるのですって。

小さい子どもも大きいひとも、みんなにこの本を読んでほしいな。
そして、大きく深くかぐかぐしながら元気で生きていきましょ!

(2010.1.6記)

books index 書籍紹介もくじへ

contents 全体のもくじへ