アロマテラピー教室amica アロマ書籍紹介
『香りでやせる本』

 
『香りでやせる本』

川端一永著
A5判143ページ
マキノ出版
価格1400円+税
2010年1月発行
初心者〜初級者向

--------------------------------------------
 【目次】
プロローグ
第1章 アロマダイエットを始めるにあたって
第2章 代謝を上げてやせやすい体を作るアロマダイエットのしくみ
第3章 1週間で2kg減!香りでやせるアロマダイエット実践編
アロマダイエットのまとめ
第4章 志望を燃やし停滞期やリバウンドを乗りきるアロマダイエット応用編
--------------------------------------------

著者の川端一永先生は大阪府吹田市のペインクリニック、カワバタクリニック院長、医師です。
95年より痛みの補助療法としてアロマセラピーを取り入れ、97年には日本アロマセラピー学会を立ち上げた方です。
日本におけるメディカルアロマセラピーの先駆者としてアロマセラピーの普及に努め、数々の著書も出版されています。

川端先生の著書はこれまでにもたくさんありますが、今回はご自身のダイエット経験を基に書かれたダイエット本。
生活の変化で98kgまで増えていた体重が、なんと21kgもやせたのだそう。
その後リバウンドもあったりして再チャレンジするのですがそのあたりも体験談として書かれています。

紹介しているアロマダイエットはグレープフルーツが基本。
特に目新しい話題ではありませんが、アロマ初心者でもまったく問題のないように、基本的なことがわかりやすく書かれていますので入門編としては入りやすいと思います。

少し表現が大げさなのはマキノ出版さんから出版されているせいでしょうか?
これさえあれば必ずやせる的な、テレビショッピング的な感じっていうか。

あと、この本付録ににおい紙がついていました。
爪でこするとにおいがする紙。懐かしい感じのもの。
ぜんぜん本物のグレープフルーツの香りしないんですよね…


「グレープフルーツの香りを嗅ぐとやせる」という理論は2005年に大阪大学の永井克也教授が発表し、当時話題になりました。
(「匂い刺激のエネルギー代謝に対する影響とその機構ーグレープフルーツとラベンダーの芳香の効果」)
新潟に永井教授がいらしたときに講演会を聞きに行きました。

グレープフルーツ独特の香りの元となる成分ヌートカトンに代謝を促進する作用があります。
香りを嗅ぐことで交感神経の働きを高め、脂肪を燃焼しやすくしてダイエットの手助けをすると考えればよいでしょう。

最近世の中のブームも去ったのかな、と思っていたら(ブームに乗るな、なんですけど)、今年になってからもTVで特集されたりしているようです。

当時毎日グレープフルーツの芳香浴をしていましたがまったくやせませんでした。
それ以上に大量に食べるからな…。

この本で紹介されているグレープフルーツダイエットは、香りを嗅ぐだけでなく、食べないといけないのですよね。
食物繊維がたっぷり含まれ、お通じもよくなります。
酸味のある食べ物が苦手なのでグレープフルーツを食べるなら砂糖をかけたいわたし…
それではダイエットにならない…

どちらにしろ、グレープフルーツの香りを嗅ぐことで、明るい気持ちになりリフレッシュできます。
学名に楽園という意味を持つグレープフルーツをどんどん嗅いで、たのしく過ごしましょ☆

(2010.3.5記)

books index 書籍紹介もくじへ

contents 全体のもくじへ