アロマテラピー教室amica アロマ書籍紹介
『知る・使う アロマ』 佐々木薫監修


『知る・使う アロマ』

佐々木薫監修 
223ページ
池田書店
価格1000円+税
2012年11月発行

精油42種掲載
初心者〜中級者向

--------------------------------------------
【目次】
Part1 「アロマの香り」とは?
 「アロマの香り」が人気の理由
 アロマテラピーとは何でしょう
 エッセンシャルオイルとは何でしょう

Part2 42種類のエッセンシャルオイル事典
 エッセンシャルオイルの作用用語解説
 エッセンシャルオイルの香りの系統と相性

Part3 アロマのとり入れ方
 アロマを楽しむ方法
         
Part4 「アロマ」でできること
 商品開発・医療・介護・スポーツなど各分野の専門家が語る活用法
 商品開発に(ライオン株式会社 池西岳樹さん、平山隆さん)
 空間に(アットアロマ株式会社 片岡郷さん)
 感染症に(帝京大学医真菌研究センター 安部茂さん)
 心と体に(緑蔭診療所 橋口玲子さん)→アロマを使ったセルフケアのレシピ
 心に(赤坂溜池クリニック 降矢英成さん)→森林療法を体験しよう
 出産・育児に(さめじまボンディングクリニック 鮫島浩二さん)→妊娠・出産・育児のアロマレシピ
 介護に(あさいマッサージ教育研究所 浅井隆彦さん)→介護に役立つアロマレシピ
 スポーツに(マークスボディデザイン 江口典秀さん)→蓄積疲労を防ぐためのアロマレシピ
 家事に(ナチュラルライフ研究家 佐光紀子さん)→家事に役立つアロマレシピ
 美容に(アロマセラピスト マミ・レヴィさん)→きれいになるアロマレシピ
   
--------------------------------------------
ほぼ新書サイズの大きさで、価格も1,000円(税別)とお手頃なので、よくある初心者向けの本かな、と思いきや、類書にない内容も多く、小さいながら充実した本でした。

初心者の方にも必要な情報はコンパクトに網羅されていることプラス上記目次のPart4にあるように各界で活躍する方々のアロマ活用法は本当に役立ちます。

読んでいると、これからアロマテラピーがこれからさらに広がっていくことが想像できて心からワクワクしてくるのです。

においや香りなんかなくても困らない、においのあるものは好きではない、という声を聞くことがありますが、これらを読んだらその考えはどこかに飛んで行ってしまうはず!
現代生活の中で、アロマを活用せずして快適な生活はない、と思います。

嗜好品やぜいたく品の類ではないのです。
わたしたちの生活に密着して、誕生から仕事、育児、介護、医療、そして死を迎えるその時までなくてはならない存在なのだと改めて感じました。

これからアロマテラピーをやってみたい方にも、これまである程度身につけた方にも読んでいただきたい本です。

(2013.2.28記)

books index 書籍紹介もくじへ

contents 全体のもくじへ