アロマテラピー教室amica 
フリーペーパー「amica piccola アミーカ通信」 web版

毎月発行している手書き通信の中の一部の記事を紹介します。
手書きのものから加筆訂正している場合もあります。

amica piccola コンテンツ紹介ページはこちらから        


第2号 2010.12        
 お肌の乾燥が気になる季節です!!

お肌の乾燥は単にカサカサして美容面で気になるというだけでなく、健康面でも大問題。
角層(角質層)のうるおいが減ると、バリア機能が衰え、外からの最近の侵入や化学物質、紫外線などの刺激を受けやすくなってしまうのです。
うるおいバリアをしっかりと働かせるには外から補給することが大切。
    
そうはいってもあれこれたくさん揃える必要はありません。
お肌に必要なのは「水」と「アブラ」
天然素材のシンプルスキンケアでうるおいある人生を☆

【シンプルスキンケアの基本】
STEP1  「水」
ローズウォーターやパルマローザウォーターなどのハーブウォーターにグリセリンを加えたものをこれでもか!というくらいたっぷりつける。
シートマスクを使用するのもおすすめです。とにかくたっぷりつけましょう。
          ↓
STEP2  「アブラ」
植物の恵のアブラ(植物油)をうすくのばす。
          ↓
あとはいい気分で過ごす。以上

おすすめの植物油
ホホバオイル、スィートアーモンドオイル、アプリコットオイル、ローズヒップオイル、アルガンオイル、マカデミアナッツオイル etc
       
さらに精油を加えればばっちりケア!
植物油をいくつかブレンドしてもGood!
     
ちなみにわたしのお気に入りはアルガンオイルとアプリコットオイル。
半々にブレンドして、さらに精油を加えて美容オイルとして顔と首のお手入れに使っています。

 今月の精油第1回 ●パルマローザ●
 パルマローザ [科名]イネ科  [抽出部位]全草(根以外)

今月から毎月1つピックアップして精油のお話を書きたいと思います。
第1回はパルマローザ。
はじめてさんは聞きなれない名前でしょうが、とても魅力的な精油ですよ!
     --------------------------------------------------
アロマを始めたばかりの頃は一番苦手な香りでした。
でも今では日々欠かせないものに。
なぜなら…スキンケアにとても有効なのです。
バラにも多く含まれるゲラニオールという成分が75〜85%含まれ(バラの約3倍)、皮膚弾力回復作用や 収れん(ひきしめ)作用があります。
年を重ねたお肌に欠かせないですね。シミ・シワにも!

また、アトピー性皮膚炎や免疫力アップ、精神的な落ち込みから救ってくれる力もあります。

※ゲラニオールには子宮収縮作用があるので、原則として出産時以外の妊産婦に使用しないでください。
 
パルマローザを使ったおすすめレシピ 「毎日のスキンケアオイルでお肌の若返り☆」

パルマローザ 1滴
ローズウッド 2滴
ローズヒップオイル 5ml
アルガンオイル 5ml
(ローズヒップオイルとアルガンオイルはどちらか一方を10mlでもOK)
  
化粧水のあと適量をお顔全体にのばします。
  


次号(第3号2011.1)を読む
contents 全体のもくじへ