アロマテラピー教室amica 
フリーペーパー「amica piccola アミーカ通信」 web版

毎月発行している手書き通信の中の一部の記事を紹介します。
手書きのものから加筆訂正している場合もあります。

amica piccola コンテンツ紹介ページはこちらから        


第4号 2011.2        
アロマバスのススメ その1

お風呂に香りの効果を取り入れてみましょう。

精油は油脂ではありませんが、字の通り油に似た性質があり、水に溶けません。
お風呂のお湯にそのままたらしてもまるく浮くだけで、お肌につくと原液に触れるのと同じことになってしまいます。
乳化させる専用のバスオイルなども売られていますが、もっと簡単で経済的なアロマバスを紹介します。

    -------------------------------------------------------------------

(1)天然塩…浄化作用もあります。
(2)重層…お肌をやわらかくする効果も。
(3)ハチミツ…保湿効果、殺菌効果、炎症を鎮める作用も。

これらを大さじ1くらい+精油は最大5〜6滴くらいまで。
最初は2滴くらいから試し、加減してください。
バスタブに入れたらよくかき混ぜて分散させましょう。
香りが飛んでしまうので入れるのは入浴直前に。

    -------------------------------------------------------------------

アロマバスは香りでリラックスしたりリフレッシュしたりするだけでなくさまざまな効果があります。
そのお話は次号に続く〜。
  

 今月の精油第3回 ●マジョラム●
 マジョラム [科名]シソ科  [抽出部位]花と茎葉

マジョラム(スィート・マジョラムとも呼ばれます)は、古くから料理や薬に使われ、「幸せのシンボル」や「長寿を与える」という意味をもつといわれる植物です。

     -------------------------------------------------------------------

甘くスパイシーな香りで神経を鎮めてくれ、ストレスや不安、不眠などに有効です。
また、自律神経のバランスをとるのにも使える精油です。
体を温める作用もあるので、冷えが気になる方にもぴったり。
消化器系の不調にも。

     -------------------------------------------------------------------

個人的には、普段多用しないのですが、マジョラムを手に取るのは精神的に疲れきっている時。
選ぶ香りで、自分の状態に逆に気づいたりすることもあるのですね。

リラックスをもたらす香りはたくさんありますが、マジョラムの大きなものに包み込まれているような安心感は格別なのです。

マジョラムを使ったおすすめレシピ 「孤独をいやす安眠ハニーバス」

マジョラム 2滴
ラベンダー(ラベンダー・アングスティフォリア) 3滴
はちみつ 大さじ1(15ml)

小皿などでよく混ぜてからお風呂に入れます。
  


次号(第5号2011.2)を読む
contents 全体のもくじへ