アロマテラピー教室amica 
フリーペーパー「amica piccola アミーカ通信」 web版

毎月発行している手書き通信の中の一部の記事を紹介します。
手書きのものから加筆訂正している場合もあります。

amica piccola コンテンツ紹介ページはこちらから        


第11号 2011.9        
知っておきたいアロマ知識 第3回 「精油の希釈」

アロマテラピーで使う精油は非常に高濃度なので、原則として原液をお肌につけることはできません。
植物にあるときの100倍ともいわれるくらい成分がぎゅーっと濃縮されているのです。
お肌につける際は必ず植物油などで希釈して(うすめて)使います。
-------------------------------------------------------------------
希釈する目安はどれくらい?
時と場合によりますが、次のように覚えておくとよいでしょう。
顔→1%
ボディ→2〜3%
あくまでも目安です。
小さいお子さん、高齢の方、お肌が弱い方は半分などに調整、様子を見ながら使いましょう。
-------------------------------------------------------------------
パーセントでいわれてもわかりにくい…ですよね。
そんな時に便利な表をご紹介します。
   
 植物油の量 計量目安   1%濃度 2%濃度 
 10ml 大さじ2/3
(小さじ2) 
2滴  4滴 
 15ml 大さじ1  3滴  6滴 
 20ml 大さじ1+1/3
(小さじ4) 
4滴  8滴 

精油は1滴0.05mlで計算します。
この表の中のどれか一つを覚えておくと便利♪
→ひとつでOKです。あとは半分にしたり倍にしたり計算できちゃいます。

例外として高濃度や原液を使う話はまた別の機会にご紹介します。

  

今月の精油 第9回 ●クラリーセージ●
[科名] シソ科  [抽出部位] 花房と茎葉

とてもポピュラーとはいえないかもしれませんが、大きな疲れを感じた時などに手にとりたくなる精油です。
わたしがアロマの勉強を始めて一番最初に購入した精油がクラリーセージでした。
重い月経痛に悩んでいたたため、最初に習った精油の中からまっさきに飛びついてたのでした。
女性特有の様々な不調に大活躍する精油です。
ほんのりスパイシーで温かみのある香りは、疲れた心をほどいてくれるでしょう。
-------------------------------------------------------------------
スクラレオールという成分が含まれ、エストロゲン様作用があります。
(エストロゲン様作用=女性ホルモンエストロゲンが分泌された時と同じ働きを起こす作用のこと)
その作用を期待して、月経痛、月経前症候群、更年期障害などさまざまな不調に活用できます。
リラックス効果も抜群です。

※妊婦には使用しない。また、乳腺症、ホルモン治療中の人も使用を避けてください。

クラリーセージを使ったおすすめレシピ 「月経痛を和らげるマッサージオイル」
クラリーセージ
ラベンダー
バジル 各2滴
ホホバオイル10ml

おなかに塗って使います。
神経の疲れにもGood!  
  


次号(第12号2011.10)を読む
contents 全体のもくじへ